実行委員会からのご挨拶

大会実行委員長 あいさつ

この度は「ワールドコップサッカー2018」を盛大に開催することができ、嬉しく光栄に思います。

また、本大会の開催にあたり、各関係者、ご協力・ご協賛頂いた方々には深く御礼申し上げます。

現在、山梨県内在住外国人は約15,000人おります。皆さんこの厳しい経済状況のなか、日々必死に生活しています。悩みや不安は尽きません。 そのような課題を解決するためには、地域や人々とのつながりが大切です。この大会がそのようなつながりを作るきっかけとなれば幸いです。

サッカー人、誰もが夢見る代表チーム。本大会でその夢を少しでも実感してください。

夢はワールドコップで三浦知良選手と一緒にプレーすることです。


大会委員長
鶴田 真也



このページの先頭へ戻る